マーケティングオートメーションって何?何のために使うの?

マーケティングオートメーションとは

マーケティングオートメーションとは獲得した見込み客を精査し、営業を行う人物にリストを行う流れを自動したものを言います。マーケティングオートメーションという仕組みが一般的になる前は、見込み客に対する精査や営業マンへの情報発信などは手動で行っていました。しかし、技術の進歩によってこの流れはある程度自動化出来ることが分かり、マーケティングオートメーションを導入する企業が増えています。マーケティングオートメーションを使えば莫大な数の顧客データであっても、簡単にリストアップしてベストなタイミングで送信することが出来ます。

マーケティングオートメーションを導入するのはなぜか

マーケティングオートメーションを導入するメリットはいくつも存在しますが、中でも2つ特に重要な要素があります。その1つ目はユーザーの消費行動がどんどん変化していることです。ユーザーの消費行動は常に同じではありません。複雑化しながら変化もしています。その消費行動に対応し、適切なタイミングで的確なリストを作り続けるにはスピードが求められます。そのスピードを実現するためには自動化するしかありません。それゆえにマーケティングオートメーションが必要となります。2つ目は人材不足です。企業の中には少子化などの影響により、人材不足が深刻化しているところも多くなっています。マーケティングオートメーションを導入することで他の部分に人員を割くことが出来、企業の経営全体の効率を引き上げることが可能となります。

マーケティングオートメーションは、小売業を営む企業をはじめとして、常連客のニーズを把握したり、新規事業の計画を立てたりするうえで不可欠なシステムとして位置づけられています。