プライバシーってなに?意味を再確認しよう

日常的に使われるようになった言葉

日常生活の中に溶け込む言葉はたくさんありますが、最近は「プライバシー」という単語を見聞きする機会が非常に増えました。個人情報云々ということも良く囁かれるようになっているので、同じような意味合いで使いそうになることも少なくありません。プライバシーという言葉の意味としては、各個人の私生活や私事や秘密のことをいい、その内容を他人から干渉されたり侵害されたりしないようにすることを言います。難しく感じると思いますが、自分の日常生活に関して第三者からあれこれ言われるのは気持ちが良いことではありませんし、自分でもそれをしたくないと言うのは分かるのではないでしょうか。自分の生活を振り返ると、プライバシーのイメージも掴めてくるようになります。

同じ意味に思えるけれども違う言葉

プライバシーに似たような意味合いで、個人情報のことについても気になることがあるのではないでしょうか。個人情報自体は氏名や住所、生年月日などを指しています。似て非なるものですから、もしも見かける機会があればどちらの意味で使われているのかを考えてみて下さい。個人情報もプライバシーも両方とも大事な情報で、守られるべき内容となります。自分が侵害されたりしないようにするのはもちろんですが、気安く話をしていたりする時に、礼を失することのないように言動を振り返ってみることも大切です。文字だけ見ていると簡単なように思えますが、それぞれの言葉を正しく理解してきちんと使いこなせるようになっておくと、日常生活でのトラブルも未然に防げます。

シュレッダーは、民間企業や官公庁において、重要な情報が記された書類を裁断して、外部への情報漏洩を防ぐために重要な製品として位置づけられています。